指輪の選び方

ブーケ

結婚指輪は、結婚しているという証です。ですから、ずっと装着する指輪でもありますし、どんな場面でも浮かないデザインでないといけないでしょう。ですから、事前にどうやって選ぶのか知っておくと便利です。

Read more »

たった一つの製品

結婚式

結婚指輪を手作りするなら、たったひとつの製品だという魅力は最大限感じたいところです。お店にオーダーメイドで注文できるため、気に入ったブランドや素材を選びつつ相談を持ちかけるのが最良です。

Read more »

指輪を選ぶなら

リング

今も昔も、プロポーズに結婚指輪を添えるというのは続いています。しかし、どのような指輪がいいか悩んだときは銀座に行くと解決するかもしれません。銀座には高級ブランドショップが数多くあり店員も親切に対応してくれます。

Read more »

サイトを活用

祭壇

女性にとって、結婚指輪は思い出に残るものです。どのようなものを送るか悩んだ時には、ネット上に人気な結婚指輪ランキングといったサイトが豊富にあるので上手く活用すると良いでしょう。

Read more »


歴史について

ハート

失敗しない指輪選びをお手伝いします。婚約指輪や結婚指輪を探すならこちらへ。お二人の幸せをより輝かせます。

日本では結婚指輪が普及し始めてからの歴史はまだ浅く、比較的新しい文化と言えるでしょう。そもそも日本人が洋服を着るようになったのは明治時代以降であり、当時は貴族のように限られた上流階級の人以外は着物で生活していました。結婚式で結婚指輪を交換するようになったのは戦後になって欧米の文化が一気に入ってからであると見られています。ウェディングドレスを着てチャペルで式を挙げる文化と共に結婚指輪の交換も始まり、現在では着物で結婚式を挙げる人も、また結婚式を挙げない人も結婚指輪だけは交換するほどまでに広まりました。既婚者であることを示す意味があることも大きいでしょう。結婚指輪が広まる以前でも既婚者はお歯黒をつけたり振り袖を着ないといった習慣があることからも分かるのではないでしょうか。

左手の薬指に結婚指輪をしている人は既婚者、もしくはパートナーがいる人であるという認識はほとんどの方が持っているのではないでしょうか。結婚しても全ての人が結婚指輪をつけているとは限りませんし、職業上アクセサリーをつけられない人もいますが、基本的には結婚指輪の有無はコミュニケーションにおいても大きな意味を持つことになるでしょう。また、営業職など信頼が特に重視される場合は積極的に結婚指輪をつけておいた方が良いとも言われています。結婚しているということで責任を持って仕事をしてくれるのではないかと相手が感じてくれるというのがその理由です。指輪でなくても結婚しているかどうかが分かるような物を身に着けておくことはメリットを産むことも多いのです。